« 『マクロスΔ(デルタ)』今期一押しアニメ紹介 | トップページ

2016年8月27日 (土)

綿矢りさ 「夢を与える」レビュー


 出版社:河出書房新社
 発売日: 2012/10/5
 ジャンル:文芸作品
 作者:綿矢 りさ



■評価
 ストーリー :★★★
 読みやすさ :★★★★  
 スリル   :★
 登場人物  :★★★

 全体    :★★★

      


■内容紹介
幼い頃からチャイルドモデルをしていた美しく健やかな少女・夕子。中学入学と同時に大手芸能事務所に入った夕子は、母親の念願どおり、ついにブレイクする。連ドラ、CM、CDデビュー…急速に人気が高まるなか、夕子は深夜番組で観た無名のダンサーに恋をする。だがそれは、悲劇の始まりだった。夕子の栄光と失墜の果てを描く、芥川賞受賞第一作。
●印象に残った場面・部分
特に盛り上がりもなく、予定調和のないようが進み終わってしまいます。
主人公の夕子には同情的な面もあるんですが、実際やっていることは残念なので同情もできないです。
■感想
娘と母の不思議な関係がなかなかおもしろかったです。 芸能界を視点として描いてるなかで、使うだけ使っておいて用が済んだら捨ててしまうという、芸能界と世間に対する批判が描かれている作品なのかと感じます。 事務所がもっとなにかしらのするものだろと思ったけれど、意外と本人の意思を反映している描き方にもなっていたので、実際にどのような思いで描かれた小説なのか考えさせられした。 一貫して言えるのは終始物悲しい物語です。

« 『マクロスΔ(デルタ)』今期一押しアニメ紹介 | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1771429/67215932

この記事へのトラックバック一覧です: 綿矢りさ 「夢を与える」レビュー:

« 『マクロスΔ(デルタ)』今期一押しアニメ紹介 | トップページ

PR

PR2

無料ブログはココログ